土壌pHメーター 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH 温度 湿度テスター 温室植樹のために 数々のアワードを受賞 土壌試験キット 農地 使いやすい 土壌研究 華麗 多目的 果樹園

土壌pHメーター、 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH/温度/湿度テスター 使いやすい 多目的 土壌試験キット 農地、果樹園、土壌研究、温室植樹のために

産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,土壌pHメーター、,高い正確性,多目的,/lucullite705046.html,2239円,pH/温度/湿度テスター,農地、果樹園、土壌研究、温室植樹のために,2.0pH‑8.5pH,土壌テスター,土壌試験キット,portallivre.com.br,使いやすい 2239円 土壌pHメーター、 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH/温度/湿度テスター 使いやすい 多目的 土壌試験キット 農地、果樹園、土壌研究、温室植樹のために 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 土壌pHメーター 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH 温度 湿度テスター 温室植樹のために 【数々のアワードを受賞】 土壌試験キット 農地 使いやすい 土壌研究 多目的 果樹園 土壌pHメーター 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH 温度 湿度テスター 温室植樹のために 【数々のアワードを受賞】 土壌試験キット 農地 使いやすい 土壌研究 多目的 果樹園 産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,土壌pHメーター、,高い正確性,多目的,/lucullite705046.html,2239円,pH/温度/湿度テスター,農地、果樹園、土壌研究、温室植樹のために,2.0pH‑8.5pH,土壌テスター,土壌試験キット,portallivre.com.br,使いやすい 2239円 土壌pHメーター、 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH/温度/湿度テスター 使いやすい 多目的 土壌試験キット 農地、果樹園、土壌研究、温室植樹のために 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器

2239円

土壌pHメーター、 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH/温度/湿度テスター 使いやすい 多目的 土壌試験キット 農地、果樹園、土壌研究、温室植樹のために

使用方法:
1. 2PCS1.5V単4電池(別売)を電池収納部に入れ、電池カバーを閉め、電源ボタンを押して電源を入れます。このとき、機器は7.00の値を表示します。
2.各測定の前に、プローブの表面を清掃します。試験する土壌が乾燥しすぎている場合は、適切に水をまき、30分待ってから測定します。
3.機器の金属棒を垂直下向きに約150mmの土壌に挿入し、湿った土壌をプローブの金属表面にそっと接触させ、強く押しすぎないようにします。このとき、機器は土壌のPH値を表示します。正確に測定するためには、値が安定するのを待ってから読み取る必要があります。複数のエリアの平均値を測定する必要があります。 MODEボタンを押して、土壌水分、温度、PHの表示を切り替えます。 pHの測定値が8.5より大きい場合はHIが表示され、2.0の測定値が小さい場合はLOが表示されます。

仕様:
アイテムタイプ:デジタル土壌PHテスター
材質:ABS+アルミニウム合金
バッテリー:2PCS 1.5V AAAバッテリー(含まれていません)
用途:苗床、アルカリ性土壌、酸性土壌、ココナッツ籾殻土壌、マトリックス土壌などのPHテスト。農地生産、果樹園、土壌研究、温室植栽などで広く使用されています。
PH値の測定範囲:2.0 PH-8.5 PH
測定精度:±0.2PH
解像度:0.01 PH
土壌温度測定範囲:-10℃〜60℃
測定精度:±1.5℃
解像度:0.1℃
土壌水分測定範囲:1%RH-84%RH
測定精度:±4%RH
解像度:0.1%RH
使用温度:-10℃から60℃

パッケージリスト:
1xデジタル土壌PHテスター
1xマニュアル

土壌pHメーター、 2.0pH‑8.5pH 高い正確性 土壌テスター pH/温度/湿度テスター 使いやすい 多目的 土壌試験キット 農地、果樹園、土壌研究、温室植樹のために

スープ賢人 抱っこひも BELK-S,BELK-S firstセット Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。