誠実 3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 50mmX20m 赤色 1巻 8周年記念イベントが

3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 赤色 50mmX20m 1巻

324円 3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 赤色 50mmX20m 1巻 産業・研究開発用品 接着・補修 粘着テープ 324円 3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 赤色 50mmX20m 1巻 産業・研究開発用品 接着・補修 粘着テープ 117,324円,50mmX20m,3M,1巻,産業・研究開発用品 , 接着・補修 , 粘着テープ,スコッチ,portallivre.com.br,/micromineralogy704767.html,赤色,電気絶縁用ビニールテープ 3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 50mmX20m 赤色 1巻 8周年記念イベントが 3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 50mmX20m 赤色 1巻 8周年記念イベントが 117,324円,50mmX20m,3M,1巻,産業・研究開発用品 , 接着・補修 , 粘着テープ,スコッチ,portallivre.com.br,/micromineralogy704767.html,赤色,電気絶縁用ビニールテープ

324円

3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 赤色 50mmX20m 1巻

3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 赤色 50mmX20m です。
多くの電気工事業者でご使用いただいているビニールテープの定番商品です
様々な非着体に対して高い粘着力を示します
よく伸びて凸凹面へもよく追従します
鉛フリー※意図的含有なし
JIS適合(JIS C 2336)


メーカーによる説明

電気絶縁用ビニルテープ117 電気絶縁用ビニルテープ117S プレミアムビニルテープ35 プレミアムビニルテープ33+ プレミアムビニルテープ88
特徴 定番モデル しなやかでなじみ易い 寒冷時でも柔らかい 定番モデル やや硬めの基材で、手切れ性が良好 プレミアムモデル 耐熱・難燃 柔軟で凹凸に対するフィット性が非常に良い 耐候性が高く、きれいな発色を長期間保つ プレミアムモデル 耐熱・難燃・耐寒 使用温度範囲が広く、寒冷地での使用にも向く 耐候性が高いため、屋外での長期間使用が可能 プレミアムモデル 耐熱・難燃・耐寒 使用温度範囲が広く、寒冷地での使用にも向く 耐候性が高いため、屋外での長期間使用が可能
用途 600V までの一次電気絶縁 通信/LANケーブルの識別 600V までの一次電気絶縁 通信/LANケーブルの識別 600V までの一次電気絶縁 各種電線、ケーブル、配管などの識別 600V までの一次電気絶縁 寒冷地における施工 600V までの一次電気絶縁 寒冷地における施工
カラー 10色 8色 9色 黒色 黒色
サイズ 19mm×10m, 19mm×20m, 38mm×20m, 50mm×20m 19mm×20m 19mm×20m 19mm×6m, 19mm×20m 19mm×20m, 38mm×13m
使用温度範囲 耐候性有無 -10℃~90℃ 耐候性なし -10℃~90℃ 耐候性なし 0℃~105℃ 耐候性あり -18℃~105℃ 耐候性あり -18℃~105℃ 耐候性あり
厚み(mm) 0.2 0.2 0.18 0.18 0.22
粘着力(N/10mm) 2.8 1.5 2.2 3.1 2.7
伸び(%) 180 180 225 250 250
基材材質/粘着材 ポリ塩化ビニル樹脂/ゴム系粘着材 ポリ塩化ビニル樹脂/ゴム系粘着材 ポリ塩化ビニル樹脂/ゴム系粘着材 ポリ塩化ビニル樹脂/ゴム系粘着材 ポリ塩化ビニル樹脂/ゴム系粘着材
規格 JIS規格適合(JIS C 2336 A種) JIS規格適合(JIS C 2336 A種) UL510,CSA UL510,CSA UL510,CSA

3M スコッチ 電気絶縁用ビニールテープ 117 赤色 50mmX20m 1巻

注目のニュース 

2022年4月掲載
医療の質・安全管理部 山口悦子部長と三重大学医学医療教育学の堀浩樹先生、舛本大輔さんとの共同研究の論文が掲載されました。
2022年4月掲載
循環器内科学の柴田 敦(しばた あつし)病院講師、吉田 俊丈(よしだ としたけ)大学院生らの研究グループは、大腿部の筋肉内脂肪が非虚血性心筋症による心不全の予後に影響を与えることを初めて明らかにしました。本研究成果により、大腿部の筋肉内脂肪を測定することで心不全の予後を推測できる可能性が示されました。
2022年3月掲載
女性病態医学の福田武史講師はハーバード大学、ジョージア州立大学との共同研究により、近赤外線レーザーを照射することで卵巣がん細胞を手術中に可視化する新しい蛍光色素を開発しました。本成果は、2022年2月23日(ドイツ時間)にドイツ化学会誌である「Angewandte Chemie」誌に掲載されました。
2022年3月掲載
研究支援プラットフォーム生物統計部門の近藤亨子技術職員らの論文がScientific Reports Journal Top 100に選出されました!
2022年3月掲載
先端予防医療学の藤井 英樹講師、渡辺 俊雄教授、肝胆膵病態内科学の河田 則文教授らの研究グループは、健診受診者のCOVID-19パンデミック前後における臨床検査データや生活習慣に関するアンケート結果を解析し、COVID-19パンデミック後にMAFLD患者が増加したこと、また、MAFLD患者増加には夜食・飲酒・欠食(1日2食のみ)が関与することを明らかにしました
2022年3月掲載
肝胆膵病態内科学の翁 良徳先生が『大正Award (第18回肝臓フォーラム(西部)奨励賞)』を受賞しました

重要なお知らせ

あべの医っちゃんねる 更新情報 

2022.04
2022.03
2022.03
2022.03
2022.01
2021.12
2021.12
2021.12
2021.12
2021.11
2021.11
2021.10
2021.10
2021.10
2021.10
2021.09
2021.09
2021.09
2021.08
2021.08
2021.08
2021.08
2021.07
2021.07
2021.07
2021.04
2021.03
2021.03
2020.12
2020.11
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.07
2020.06
2020.04
2020.01
2020.01
2020.01
2020.01
2019.10
2019.10
2019.10
2019.10
2019.09
2019.09
2019.09
2019.08
2019.08
2019.08
2019.08
2019.07
2019.07
2019.06
2019.06
2019.06
2019.04
2019.04
2019.04
2019.03
2019.03
2019.02
2019.02
2019.03
2019.02
2019.02
2019.02
2019.01
2019.01
2018.12
2018.11
2018.11
2018.11
2018.11
2018.09
2018.09
2018.08
2018.08
2018.08
2018.05
2018.05
2018.05
2018.05
2018.03
2018.03
2018.03
2018.03
2018.02
2018.02
2017.11
2017.11
2017.11
2017.10
2017.10
2017.10
2017.09
2017.09
2017.09
2017.08
2017.08
2017.08
2017.07
2017.07
2017.04
2017.04
2017.04
2017.04
2017.04
2017.03
2017.03
2017.01
2016.11
2016.11
2016.10
2016.10
2016.09
2016.07
2016.07
2016.07
2016.06
2016.05
2016.04
2016.04
2016.04
2016.04
2016.03
2016.03
2016.03
2016.03
2016.03
2016.03
2016.03
2016.03
2016.02
2016.02
2015.11
2015.11
2015.11
「サイエンスアゴラ2015」で細菌学による「バイキンズワールド2015」が出展されました。
2015.11
2015.11
2015.06
2015.06
2015.05
2015.04
2015.02
2014.12
2014.11
2014.08
2014.08
2014.06
2014.05
2014.02
2014.01
2013.11
2013.8
2013.7
2013.7
2013.6
2013.5
2013.5
2013.5
2013.5
2013.1
2011.2

その他のお知らせ・更新情報

2022.04
2022.03
2022.03
2022.02
2022.02
2022.01
2021.12
2021.12
2021.12
           
2021.12
2021.11
2021.11
2021.11
2021.10
2021.10
2021.10
2021.10
2021.9
2021.9
2021.8
2021.8
2021.7
2021.7
2021.7
2021.6
2021.6
2021.6
2021.5
2021.5
2021.4
2021.3
2021.3
2021.3
2021.3
2021.3
2021.3
2021.3
2021.3
2021.2
2021.2
2021.2
2021.1
2021.1
2021.1
2020.12
2020.11
2020.11
2020.10
2020.10
2020.10
2020.09
2020.09
2020.09
2020.08
2020.08
2020.07
2020.07
2020.07
2020.06
2020.06
2020.06
2020.04
2020.04
2020.04
2020.04
2020.02
第241回 市民医学講座 腸内細菌と病気 が 2020年 4月15日(水)に開催されます。
2020.02
第31回 MedCity21医学講座 「検診でわかる消化管の病気について」 が 令和2年 3月18日(水)に開催されます。
2019.11
2019.11
2019.11
2019.08
2019.06
2019.06
2019.06
2019.06
2019.03
2019.02
2019.02
2019.01
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.10
2018.09
2018.07
2018.04
2018.03
2018.03
2018.02
2018.02
2018.01
2017.09
2017.08
2017.08
2017.07
2017.07
2017.06
2017.03
2016.12
2016.10
2016.10
2016.10
2016.08
2016.08
2016.07
2016.07
2016.07
2016.06
2016.05
2016.05
2016.04
2016.04
2016.04
2016.04
2016.03
2016.02
2015.08
2015.06
2015.05
2015.05
2015.05
2015.05
2015.05
2015.05
2015.04
2015.04
2015.04
2015.04
2015.04
2015.03
2015.03
2015.03
2015.03
2014.11
2014.09
2014.09
2014.08
2014.08
2014.05
2014.04
2014.02
2014.02
2014.01
2014.01
2013.12
2013.12
2013.11
2013.11
2013.8
2013.5
2013.4
平成24年3月18日に実施した災害時患者受け入れ訓練のアンケート結果を掲載しました。
[→アンケート結果詳細] [→訓練の詳細]
2013.3
2013.2
2013.1
2010.9
2009.11
2009.11
2009.6
2009.5
2009.5
2008.1
2007.12
2007.9
「平成17年度地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム(文部科学省)」に医学部附属病院
採択される!

特集コーナー